サッカーの箱

入門 観戦 応援

雑記

恒例!Jマスコット総選挙

■J1

札幌 ドーレくん 名古屋 グランパスくん
鹿島 しかお 京都 パーサくん
浦和 レディア G大阪 ガンバボーイ
レイくん C大阪 ロビー
川崎F カブレラ 神戸 モーヴィ
横浜FM マリノス君 広島 サンチェ
湘南 キングベルI世 福岡 アビーくん
清水 パルちゃん 鳥栖 ウィントス
磐田 ジュビロくん    

■J2

岩手 キヅール 横浜FC フリ丸
仙台 ベガッ太 甲府 ヴァンくん
秋田 ブラウゴン 新潟 アルビくん
山形 ディーオ 金沢 ゲンゾー
水戸 ホーリーくん 岡山 ファジ丸
栃木 トッキー 山口 レノ丸
群馬 湯友(ゆうと) 徳島 ヴォルタくん
大宮 アルディ 長崎 ヴィヴィくん
千葉 ユニティ 熊本 ロアッソくん
東京V リヴェルン 大分 ニータン
町田 ゼルビー 琉球 ジンベーニョ

■J3

八戸 ヴァン太 藤枝 蹴っとばし小僧
福島 福嶋火之助 岐阜 ギッフィー
YS横浜 ハマピィ 鳥取 ガイナマン
相模原 ガミティ 讃岐 さぬぴー
松本 ガンズくん 愛媛 伊予柑太
長野 ライオー 北九州 ギラン
富山 ライカくん 鹿児島 ゆないくー

詳しくは

Jリーグマスコット総選挙2022を開催致します!【FUJIFILM SUPER CUP 2022】 [→ Jリーグ]

なでしこW杯予選

となるアジア杯の初戦ミャンマー戦。

長谷川の右起用

今まで左だったほうが疑問。実際LSB清水との連携は良く、決定機を作り得点にも繋がっている。

成宮の起用

11月のICL戦では固さや遠慮が見られたが今回はリードした展開もあってか、らしさが少し出せていた。前で3人で追って奪い、菅澤のいいパス、成宮のシュートに至る置き方と確実なインパクト。大阪高槻の頃から評価が高かったのになぜか代表に呼ばれず、ようやく咲き始める。今後清水との呼吸合わせに期待。

ちな個人的に、WEリーグ全チームの中での前半最優秀選手。2020年INACでの前線停滞と連携の悪さが改善され、フォローの良さと攻守で走り回り、首位に大きく貢献。

長谷川と成宮の同時起用

右SH同士で難しいと思いきや、長谷川FWで実現。これまた悪くない。2トップが前提だろうがなでしこは一貫して442なので問題なし。相手の強度が強まったときにどうなるか。

三宅の別の顔

INACでは3バックのCBだが代表では4バックのLSB。積極的な上がりでかなり違った顔。元々得意なロングフィードがINAC時より効果的。前線の動き出しの質もあろう。

猶本の球筋

セットプレーで複数の球筋を蹴られるが、変化もさながらスピードも落とさず決まったFK。相手GKの反応がよかった(菅澤)が上回った。

その他

と言うには失礼だが、宮澤のどの位置からでも仕掛け、菅澤ポスト、長野の得点に直結するパス、などなど書きたいことはあるが長くなるのでここまで。

最終予選、苦難の道

心技で頼りになる吉田に続き、冨安も負傷で招集見送り。元々本調子ではなく負担かかったか。ともあれ、これでCB2枚共欠くことに。

グループ1位で勝点差4のサウジに一気に詰めるチャンスでもあり、2月にアウェイ予定OZ戦が控えるだけに、このホーム2連戦はなんとしても勝点6を重ねたいところ。OZは最終戦がサウジ戦だけに直前の日本戦は並々ならぬ覚悟と準備で臨んでくるはず。

もしグループ3位に転落してプレーオフに回れば、親善試合も組めずにいきなりW杯本戦を迎えることになってしまう。

個人的に、日本代表のアジア最終予選はW杯本戦と同じくらい見てほしい試合。特にアウェイ戦。この苦難に打ち勝ってこその本戦だから。そのアウェイ戦が地上波やBSでも見られないなんて残念すぎる。

日本代表メンバー発表

中国戦(1/27埼スタ)、サウジ戦(2/1埼スタ)でのメンバー発表。

負傷等で招集外:吉田、古橋、三笘。【追加】負傷辞退:冨安。

復帰:中島、久保。

決して緩められない状況下でいじりたくないこともあろうが、前田か浅野を開始からトップにしてみては。

中国はよくぞ来日してくれた。五輪を控えて党がものすごく神経使ってるから。

SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー アジア最終予選(Road to Qatar) 中国代表戦(1/27 埼玉/埼玉スタジアム2002) サウジアラビア代表戦(2/1 埼玉/埼玉スタジアム2002) [→ JFA]

DAZN値上げ

噂通り来たね、メールで。1,925円 → 3,000円(税込み)。いきなり1.5倍!

その割に公式サイトの料金プランの記載は「料金1ヶ月無料体験後は月額1,925 円。」のまま。これまずいでしょ。

代表戦の地上波ないなどで足元見てる?

その値段なら最低でも、ブンデス、ブラジレイロも。せめて、WRC、ツール(自転車)、バドミントンくらい見られればと。できれば卓球も(藁)

【1/25追記】ホーム画面でようやく値上げの告知がされました。さすがにまずいと思ったのでしょう。

彼はレオ・ハタテ

セルティックのポステコグルー監督が俊輔との比較に対して放った言葉。選手の個と将来を最大限尊重してくれている。

一日本人としては、Jを率いて結果を残した同監督が更にステップアップしたクラブでの活躍を願い、また誰か日本人選手がそのクラブまたは同一リーグで対戦する日を待ち望みたい。

セルティック監督「ノー、彼はレオ・ハタテだ」旗手怜央と中村俊輔の比較に [→ 日刊スポーツ]

最優秀レビ

FIFA男子最優秀選手、文句なしでしょう。FWのタイプとして、高さ、裏抜け、ポストプレーなどがあるがその多くをこなす、更に利き足に限らず左右頭、かつその質の高いオールラウンド型。ヒールなど小技も正確。

性格がFW特有の俺がではなく謙虚な面も好感。

来年以降レバンドフスキを超すとしたらドルのホーランだろうか。最近風格がイブラのようになってきてるが…。

ところでポーランド代表とはW杯で消化不良のままなので、親善などでガチでやりたいもの。できればW杯前がいいが新型コロナで調整は難しいだろうか。

日本のCBとしても最優秀のFWとマッチアップなんてありがたいことで。

余談だが、サッカーを見る目は欧州の人にかなわないが、アニメは日本人目が肥えてるせいかこれはセンス含めて残念すぎる…。

fifaworldcup [→ instagram]

野々村氏次期チェアマン?

コンサドーレ札幌の社長から会長になり、次期Jリーグチェアマンの候補とか何とか。

たまに見るJリーグラボなどでの印象。

  • 選手想い。クセの強い選手(これまた少なくない!)にも時に若干辛口もあれど愛情あり。
  • ビジネスの先見。東南アジアとの繋がりを築き、特にタイのチャナティップは素晴らしい成功例。
  • 視野の広さ。話の節々に、札幌だけでなくJリーグや代表含めて日本サッカー界全体をも考慮しての意見が多い。
  • 話が面白い。組み立てや知識もだが、サッカー界事情や視聴者の気になる点を逃さないなど。会話対話のプロ中のプロ。

なんて偉そうに上から目線で書いてしまったが尊敬してるのです。まだまだあるが褒めすぎると知人と疑われかねないのでこの辺で。

上での”印象”はこの記事からも読み取れるかと思います。

コンサドーレ野々村社長、チャナティップ電撃移籍を「本人もクラブとしても大成功」 [→ radiko]

チャナティップ=札幌でもあるが「札幌=チャナティップ」というほどのイメージだが、川崎もいい意味で有力選手が次々海外移籍するから、これもいい意味で仕方ないかなと。それを前向きに送り出す野々村氏に敬服。

ミシャとは別の川崎サッカーを観てタイの選手やファンの方々が更に日本に興味持っていただければいいです。

ただ、チェアマンというと時にスタジアムでブーもありがちだが、そんな野々村氏は見たくない気も…。それとJリーグラボは同氏だからこそ見てたこともあり…どうなるのやら。

2022年日本の主なスケジュール
  • A代表:W杯カタール大会2022の出場権がかかるアジア最終予選の大詰め。
  • なでしこジャパン:女子W杯OZ/NZ大会2023の出場権がかかる女子アジア杯。
  • 男女:EAFF E-1中国大会。
  • U-20女子代表:U-20女子W杯コスタリカ2022。

アジア最終予選は現時点2位とはいえ上位3国は入れ替わりもありえ、3位OZとのアウェイ戦も残っています。なでしこジャパンも池田監督の下、立ち上げまもなくでチームができていない状態。共に油断ならない難しい戦いが予想されます。

U-21代表は大岩新監督の下に活動開始して2024年パリ五輪を目指します。

A代表はアジア最終予選が終わると、まもなく冬季開催となる11月にW杯カタール大会に入ります。

また、国内では秋春制であるWEリーグの後半が再開されます。

女子アジア杯

グループC:日本、韓国、ベトナム、ミャンマー。

女子ではまれな日韓戦と、3本指のミャンマー。

1/20~2/6開催。

ピックアップ記事

スポンサードリンク

定番記事

(上記の画像や図はイメージです。必ずしも記事に直接関係するとは限りません。)

ご挨拶

サッカーの箱」をご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトはサッカーの視聴・観戦・応援について、主に入門者さんや初心者さんや未経験者さん向けに基本的なことを書いています。サッカーにご興味あるお子さんやその親御さんにも見ていただけたらと思います。

初版 2012-11-08 / 最終