サッカーの箱

入門 観戦 応援

ゲーフラ(ゲートフラグ)製作

ゲーフラの作り方・自作した様子(画像付)です。

ゲーフラ

ゲーフラとは門(ゲート)の形をした両手で掲げる応援旗で、ゲートフラグの略です。とても軽いです。

計画

デザインと旗の大きさを決める

文・図柄・色を、旗の大きさや縦横比と共に決めます。

ほとんどの裏地(生地)は90cm幅のロールで、長さは10cm単位で切り売りされています。ここでは下記にします。

[縦70cm x 横70cm]

現地では思いの外小さく感じますので、迷ったら大きくしましょう

棒の太さから筒部分の幅を求める

ここでは塩ビ製の水道管 VP管の径13を使います。外径は18mmですので必要な幅は

18 x 3.14 / 2 ≒ 28.3mm → 縫い代の余裕をみて4cm

とします。「/ 2」は立体の筒を平らにしたときの表裏です。

と、難しく書きましたが棒を実際に巻いてみて約1cm+すればOKです。

布の寸法が出る

すると布をカットする寸法が決まってきます。

布の寸法

棒を挿し込む折り返し2回分x左右=16cmを加えた86cmがカットサイズとなります。

用意する物

素材

  • 生地 90cm巻き x 長さ70cm
  • VP管 径13mm 2m x 1本、または1m x 2本
  • VP管エンドキャップ 径13mm用
  • たこ糸

道具

  • ミシンまたは裁縫セット。

製作

布の切断と端処理

3通りの方法があります。

端を折り返して縫う
風が逃げず、その部分が濃く見えてしまいます。
ほつれ止めを塗る
乾き待ちで製作に時間がかかります。
ホットナイフで切る

はんだごての先がカッターになったもので、切断面が自然とほつれ止めされます。

製作時間が最も少ないです。

お奨めはホットナイフです。使い方はページ末の関連記事を参考願います。

いずれかの方法で布を [70cm x 86cm] に切り取ります。

棒の挿し込み部分

2本線引き

棒を巻く辺に4cm間隔の線を2本引きます。

2回折り込み マチ針で留め

外側の線から折り、袋になるように更に折り、マチ針で留めます。

並み縫い

上から下まで並み縫い、またはなるべくなら半返し縫いします。上はしっかり、左右共に縫います。

棒の加工と布装着

棒を1mに切断し、両端をやすりで滑らかにします。

下側根元をたこ糸できつく縛ります。

エンドキャップ

安全面のために棒の下にエンドキャップをはめます。ビニルテープで巻くと手がべとつきますのでそのままでいいです。しっかりはまっていれば滅多なことでは外れません。

以上で完成です。各自いろいろアレンジしてみてください。

素材掲げ方などは下記の当サイト関連記事をご覧願います。

初版 2012-10-31 / 最終