サッカーの箱

入門 観戦 応援

フラッグの振り方・掲げ方

スタジアムでの応援フラッグ(旗)の降り方やゲーフラの掲げ方です。強風時のコツも書いています。

フラッグの振り方

振り方の種類

呼び名は筆者独自のものです。

横8の字

振り方 横8の字

左右に振るだけの旗の一般的な振り方です。主に小型の旗で用います。

振り方 円

頭上で円を描きます。パイフラの主な振り方です。巻きつくので定期的に回す方向を逆にする必要があります。

一本釣り

振り方 一本釣り

縦に上下させます。実際は極めて縦長の8の字を描くような感じです。ゴール裏最前列の大旗で用いて、中間席で用いることはありません。

強風時のコツ

当然ですが通常時より強く、風によってはブン回すくらいの気持ちで振ります。

また、風上へはゆっくり、風下へは早めにと強弱をつけると振りやすいです。

ゲーフラの掲げ方

掲げ方

これはもうこれしかありません。堂々と!

強風時のコツ

左右方向にピンと張らず、少し緩ませます。柱の電線のイメージです。

また風の向きによって対処を変えます。

後ろから前に吹いている場合
上側を少し下に向けて風を逃がします。
前から後ろに吹いている場合

実はこれがけっこう辛いのです。風を受け止める感じで少し前に体重をかけます。前のめりになる感じです。

それでも厳しい場合は仕方ないので上側を少し後ろにするような感じで風を逃がします。選手から見づらいかもしれませんが仕方ないです。

では実際現地で、いつ振ったり掲げたりするのかですが、それは下記関連記事のタイミングと注意をご覧願います。

初版 2012-10-31 / 最終