サッカーの箱

入門 観戦 応援

サッカー映画 - スコットランド・カップの奇跡

私が感動・感銘を受けた、サッカー映画またはサッカーの場面がある映画の1つ、「スコットランド・カップの奇跡」の紹介です。

スコットランド2部チームがカップ戦を奇跡的に勝ち上がっていきます。監督の娘婿であり問題のFW、別居中の娘、2人を許せない監督、オーナー、の人間模様が描かれます。画面に広がる大自然とバグパイプの音色も魅力です

作品情報

基本情報

邦題 スコットランド・カップの奇跡
原題 A SHOT AT GLORY
2000
イギリス・アメリカ
監督 マイケル・コレント(MICHAEL CORRENTE)
舞台 スコットランドの港町キルノッキー

出演者情報

役名出演者
監督ゴードンロバート・デュヴァル(ROBERT DUVALL)
選手ジャッキーアリー・マッコイスト(ALLY MCCOIST)

あらすじ

スコットランド2部チーム監督のゴードンに、チームオーナーから、選手ジャッキ-の復活と、ホームをアイルランドに移転したい、との話を持ちかけられる。ジャッキ-はストライカーとして優秀だが女や酒癖が悪く、またゴードンの娘婿でもある。娘とジャッキーは別居中でゴードンはそんな2人を許せないでいた。

チーム拡大を考えるオーナーと伝統や地元を重んじるゴードン、試合中に問題を起こすジャッキー、様々な思惑や問題がありつつもカップ戦を勝ち抜いていくが…。

見どころ・おすすめ点・感想、など

フィールドで強さを出す選手監督も自己に弱い面がありうること。相手へのリスペクトと心の葛藤、その人間模様です。

ファームでのトレーニングなど大自然の場面は圧巻で、ぜひプロジェクターなど大画面で。所々用いられるバグパイプの音色が軽快で心地いいです。

サッカー好きな方へ特に注目点

本編最初にスコットランドのサッカー事情がわかりやすく説明されています。セルティックとレンジャーズというほぼ2分する強豪と、勝ち進むにつれて組み合わせの兼ね合いは下のチームならではの醍醐味でしょう。急遽出場することになる選手の心境もよく表現されています。

初版

当サイト関連記事