サッカーの箱

入門 観戦 応援

サッカー映画 - 少林サッカー

私が感動・感銘を受けた、サッカー映画またはサッカーの場面がある映画の1つ、「少林サッカー」の紹介です。

今や雑用の監督と少林拳を広めると言う青年が、かつて少林時代の兄弟を集めたチームで大会を勝ち進みます。ワイヤーワークやユーモア盛り沢山、恋もあります。

作品情報

基本情報

邦題 少林サッカー
原題 少林足球(SHAOLIN SOCCER)
2001
香港
監督 チャウ・シンチー(周星馳)
舞台 主に上海や香港

出演者情報

役名出演者
選手FW鋼鉄の脚シンチャウ・シンチー(周星馳)
饅頭屋店員ムイヴィッキー・チャオ(趙薇)
少林の監督・黄金の右ファンン・マンタ(呉孟達)
デビルの監督・大会委員長ハンパトリック・ツェー(謝賢)
選手MF鉄の頭ウォン・ヤッフェイ(黄一飛)

あらすじ

若き頃「黄金の右」と呼ばれて人気選手だったファン。チームメイトのハンが持ちかけた八百長に手を出してシュートを故意に外し、怒った観客に脚を折られてしまう。

時は経ち、サッカー界の有力者でありチーム「デビル(魔鬼隊)」の監督でもあるハンの雑用として20年間働くファン。ハンから「仕組んで脚を折らせた」と明かされる。落胆して街を歩いていると、少林拳を広めると言う見すぼらしい青年シンに出会う。シンはかつて少林時代の兄弟達を集めてサッカーを教わり、試合を勝ち抜いていく。

シンは太極拳を駆使する饅頭屋店員ムイに出会って友人となっていたが、ムイは容姿ゆえに自分に自信が持てないでいた。シンは決勝戦のチケットを渡しに店に行くが辞めさせられていた。ムイはシンに気持ちが分かってもらえず悲しんでいたのだ。

いざ決勝戦、相手のデビルは科学的トレーニングや薬物で強敵かつ悪質プレーで少林に負傷者が続出、もう交代選手がいなく負けを宣告されそうになるが…。

見どころ・おすすめ点・感想、など

ふんだんに使ったワイヤーワークとCG、徹底したユーモア。その各所の笑いの中に感動もあり、感情の動きが多い作品です。出演者のしぐさなど細部までこだわりが見え、1場面が後の場面の面白さへと繋がるので見逃さず見てほしいです。

チャウ・シンチーが監督・脚本・主演を手がけ、また歌手の、カレン・モクとセシリア・チャンがFW飛龍コンビとして友情出演しています。

サッカー好きな方へ特に注目点

決勝戦前にファンがハンから誘いを受けた場面、2度同じ過ちをしないとはサッカーのプレーにも人生にも言えることではないでしょうか。

大きいスタジアムは香港スタジアム(日本の国立のような)のようです。

ラフプレーが多いチームを皮肉で「少林サッカー」と呼ぶことがありますが、これはこの映画(の相手チーム)から来ています。

初版