サッカーの箱

入門 観戦 応援

サッカー映画 - ベッカムに恋して

私が感動・感銘を受けた、サッカー映画またはサッカーの場面がある映画の1つ、「ベッカムに恋して」の紹介です。

ベッカムが好きなインド家系イギリスの女の子が、家族の兼ね合いで大好きなサッカーが思うようにできない中、幾度もの壁を乗り越え一途にサッカーを追います。

作品情報

基本情報

邦題 ベッカムに恋して
原題 BEND IT LIKE BECKHAM
2002
イギリス
監督 グリンダ・チャーダ(GURINDER CHADHA)
舞台 イギリスの町の女子チーム

出演者情報

役名出演者
女子高生ジェスパーミンダ・ナーグラ(PARMINDER NAGRA)
チームメイト・親友ジュールズキーラ・ナイトレイ(KEIRA KNIGHTLEY)
監督ジョージョナサン・リース・マイヤーズ(JONATHAN RHYS-MEYERS)
ジェスの姉ピンキーアーチー・パンジャビ(ARCHIE PANJABI)

あらすじ

ジェスはインド家系イギリスの女子高生。ベッカムが好きで、公園でちょっとしたサッカーの遊びなら男子達にも勝るほど。町の女子チームに入るも親が反対で言い出せず内緒で続ける。国の伝統慣習や親子世代の違いなど、サッカーや恋にいくつもの「壁」が立ちはだかる。

姉の結婚式で大事な試合に行けず落胆するにジェスに父は母や親族に内緒で試合に行くことを許す。式後、家族達と談話中にこのことがばれて母は怒るが、そこで父が語ったことは…。

見どころ・おすすめ点・感想、など

出だし含め所々にユーモアがあり、ほのぼの感があります。ジェスの眉間(みけん)に表れる感情は見落とさないでほしいです。ジェスの夢に向かうひたむきな姿と父親が娘に捧げる言葉は感動でした。

感情に深みを増すいくつもの曲もよく、特にエンディングの「HOT HOT HOT」は軽快です。クレジットを見るとこの曲のバックコーラスに出演者のナーグラ、ナイトレイ、パンジャビも参加していることがわかります。(この曲は「もうひとつの決勝戦」にも出てきます。)

ご自分やお子さんの、進学や就職など現実的(と言っていい)選択とサッカーなど夢との進路選択が必要になる場合や、選択後の見直しなどにぜひ。男性でも十分楽しめます。

サッカー好きな方へ特に注目点

サッカーに興味ない母にとっては英雄ベッカムもただの「Skin head boy」、サッカーをする者にとってミア・ハムやスミスなど憧れがあること、これは世界共通ですね。

ジェスの背番号7番、フリーキックで「壁」を越すこと、夢に向かって道を曲げる(Bend)こと、など考えられることも多いと思います。

初版