サッカーの箱

入門 観戦 応援

サッカー映画 - ハート・ロッカー

私が感動・感銘を受けた、サッカー映画またはサッカーの場面がある映画の1つ、「ハート・ロッカー」の紹介です。

イラク戦争中の爆弾処理班に赴任した強じんなハートのジェームズの、サッカー好きな少年ベッカムとの一時や不安な心理面が表現されています。

戦争の残虐な場面がリアルに描かれていてハートの弱い方にはかなりキツイです。

作品情報

基本情報

邦題 ハート・ロッカー
原題 THE HURT LOCKER
2009
アメリカ
監督 キャスリン・ビグロー(KATHRYN ANN BIGELOW)
舞台 2004年イラク戦争中のバグダッド郊外

出演者情報

役名出演者
隊員ジェームズジェレミー・レナー(JEREMY LEE RENNER)
上級隊員サンボーンアンソニー・マッキー(ANTHONY MACKIE)
下級隊員エルドリッジ
少年ベッカム

あらすじ

アメリカ軍の危険物処理班に新たに赴任した爆弾処理隊員のジェームズは腕利きだが、命知らずのスタンドプレーゆえにサンボーン上級隊員から反感を買う。それも気にせず淡々と仕事をこなすジェームズ。

ある日砂漠を移動中に遠距離狙撃を受け、応戦でサンボーンが狙撃、ジェームズが観測手として事を収め、以来徐々に2人の距離が縮まっていく。

ジェームズが基地でくつろいでいるときに、兵士達を相手にDVDを売る少年とサッカーをして一時和らぐ。

後日出動すると敵拠点で人間爆弾を発見し、ジェームズは何を根拠にか死体がそのサッカー少年と言い出す。

見どころ・おすすめ点・感想、など

先ず書きますが、ハートの弱い方にはかなりキツイです。戦争の残虐な場面がリアルに描かれています。親御さんはお子さんに配慮願います。

サッカー映画というより完全な戦争映画です。爆弾処理がメインですが、本格的な狙撃戦や市街地戦の描写もあり、極一部にサッカーの場面があるだけです。

この映画は以前から知っていたのですが、あまりに残忍な描写があって記事作成を見送っていました。ですが最近の世界情勢から掲載することにしました。

隊を構成する登場人物3人のそれぞれの言動や心理状態が、サッカーチームの、リーダー格、中堅、若手のまさにそれを表しています。

サッカー好きな方へ特に注目点

爆弾処理では強じんな精神を見せるジェームズが、少年のこととなると不安で基地を離れて民家に押し入ったりと行動を乱す心理面に注目です。

初版