サッカーの箱

入門 観戦 応援

マンチェスター・ユナイテッドの株

マンチェスター・ユナイテッドの株チャート

サッカークラブ自体が株式上場してるケースは少なく、主に比較的簡単に購入できるマンチェスター・ユナイテッドの株について調べてみました。

主に各クラブ株価のリンク先は金融経済の情報提供に定評あるブルームバーグ・エル・ピー社さんのサイトを利用させていただいています。

マンチェスター・ユナイテッドの株

基本情報

  • 市場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)
  • ティッカーシンボル:MANU

市場はさほど気にすることはありません。アメリカでは他にナスダック(NASDAQ)がありますが、海外(米国)株式を扱っている証券会社でしたらどちらも扱っているからです。

ティッカーシンボル、略してティッカーとは銘柄を識別するために使われるコードで、検索する場合にも用います

株主優待の特典はありませんが、大型選手補強や大会優勝などで株価上昇時に売却して利益を出すことも可能です。

なぜニューヨーク証券取引所?

ご存じマンチェスター・ユナイテッドはイングランドプレミアリーグ所属。イギリスにはロンドン証券取引所がありますが、なぜニューヨーク証券取引所なのでしょうか?

日本の株式会社が東京証券取引所ではなく他の市場を選ぶようなものです。

世界の株式市場はアメリカが圧倒的に強いのです。証券取引所別ではニューヨーク(NYSE)が最も多く、次にナスダック(NASDAQ)、東京(JPX)や上海と続きます。ただしニューヨークは東京や上海の約4倍もの規模があります。

ニューヨーク証券取引所はそれだけ資金を集めやすいとも言えます。これは想像ですが当初地元選手を軸にするマンチェスター・シティと異なり、グローバルな視点を重視したことが理由でしょうか。

株価

マンチェスター・ユナイテッド(MANU)の株価は例えば下記で見られます。

購入先と購入方法

マンチェスター・ユナイテッドの株は、マネックス証券、SBI証券、楽天証券などで購入できます。中でもマネックス証券は以前から米国株に力を入れていて、1株から購入可能、手数料$0~の場合もあります。

初めての方は先ず下記口座を開設します。

  1. 証券総合口座…証券取引のために
  2. 外国株取引口座…海外株取引のために
  3. 特定口座…損益計算のために、確定申告不要または簡易にするために

外国株取引口座を除けば国内株取引と同じですね。どれもさほど手間はかかりません。その証券会社を既に利用中で1、3をお持ちであれば2のみを新たに開設すればいいです。

マンチェスター・ユナイテッド以外の株

残念ながらマンチェスター・ユナイテッド以外の株の購入は少々やっかいなようです。

イタリア市場

イタリア証券取引所(BrsaItaliana)はミラノ証券取引所とも呼ばれ、ここに上場しているサッカークラブは下記があります。( )内はティッカーです。

イタリア証券取引所に上場の株式の取り扱いは例えば下記証券会社がありますが、上記クラブの取り扱いがあるかまではサイトを見る限りでは確認できませんでした。

ドイツ市場

ドイツ証券取引所に上場の株式の取り扱いは例えば下記証券会社がありますが、上記クラブの取り扱いがあるかまではサイトを見る限りでは確認できませんでした。

その他

日本のJリーグで株式上場しているクラブはありません。(スポンサーが上場しているケースは多数あります。)

注意事項

  • 外国株式の取引は所定の手数料がかかります。
  • 外国株式の取引は、株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
  • その他、各証券会社の注意事項をよくご理解の上お取引願います。
  • 投資は自己責任でお願いします。

初版