サッカーの箱

入門 観戦 応援

ディフェンスラインを上げる

ディフェンスラインを上げるとは、その意味です。下がる・浅い/深い・引く・リトリート・押し上げるなどサッカー固有の用語についても書いています。

ラインを上げる

ディフェンスに限らず、

  • 相手ゴール方向へ行くことを上がる
  • 自陣ゴール方向へ行くことを下がる

といいます。

ラインを上げる

ディフェンスラインを上げるとは、主に最終ラインが高めのポジションをとることを言います。

単にラインを上げるとも言います。

それに伴って中盤や前の選手達も上がったり、間隔を狭めたりします。

ライン関連用語

深い浅い

ディフェンスラインが

  • 上がった状態=高いことを浅い
  • 下がった状態=低いことを深い

ともいいます。

引く、リトリート

意図的に特に低めにして固めて守ることを引いているまたはリトリートしているといいます。

下がっている、引かされている

意図的ではなく、攻められて押し込まれてラインが意図より下がってしまっている状態を下がっている下げられている引かされているといいます。

思い通りの試合運びができいなどで望ましいことではありません。

この状態が長く続くと下がりっぱなしになってしまいます。

押し上げる

下げさせられている状態から元の高さに戻したり、元の意図より高くするために平均的に高さを上げることを押し上げるともいいます。

その瞬間ごとの「上げる」と違ってチームとしての戦術的な意味合いも含んだ言い方です。

ただし、この場合でも会話や解説の流れ上ただ「上げる」ということもありますし、区別自体してない場合もあります。見続けていれば自然にそのニュアンスの区別がつくと思います。

ディフェンスラインを上げることにはメリット・デメリットがあり、それを試合中に調整するラインコントロールについて下記の関連記事で解説しています。

初版 2013-02-01 / 最終