サッカーの箱

入門 観戦 応援

ユニフォームのホームとアウェイ、他

ユニフォームにおけるホームとアウェイとは、その意味です。また、フィールドプレーヤーとゴールキーパー、男子と女子、半袖と長袖、キッズ用についてです。

ユニフォームの種類

ホームとアウェイ

実際にプレーする選手は着用するユニフォームを着分けます。

ホーム(自チームの本拠地)
ファーストユニフォーム(1st)
アウェイ(相手チームの本拠地)
セカンドユニフォーム(2nd)

1stは主にチームのメインカラーで、2ndはサブカラーなどです。中には更にサードユニフォーム(3rd)があるチームもあります。

(基本的に上記の通りですが、相手チームの色との組み合わせでアウェイで1stを着る場合もあります。)

これらはあくまで選手のことで、観戦者はどちらでもかまいません。アウェイで観戦するから2ndを着なくてはということではなく、1stでも全く問題ありませんし、そういう方が多いです。

よって特にこだわりがなければ1stを選べばいいでしょう。もちろん2ndでも、思い入れがあったり、単純にその色が好みであったりで選ぶ方もいます。

フィールドプレーヤーとゴールキーパー

フィールドプレーヤー
GK以外の10人用で、メインカラーが用いられます。
ゴールキーパー(GK)
見分けがつくようにフィールドプレーヤーとは別のカラーが用いられます。

GKの選手が好きな方で選ぶ方もいます。

男子と女子

女子代表やレディースチームを持つクラブでは女子用デザインがある場合もあります。

一見、色やデザインは男子デザインと似ていますが、タイトル獲得の星の有無や数、一部の色など若干(ですがこれは重要)の違いがあります。

女子の試合に男子デザインを着る方も多くいます。女子デザインを男性が着ても問題ありませんが、購入時にサイズには注意です。

半袖と長袖

肌を露出したくない、日焼けしたくないなど特に理由がなければ半袖でいいでしょう。

その場合や寒い場合はアンダーシャツなどの上に着ればいいです。その方がオールシーズン使えて融通がいいです。

厚着の上から着る場合はサイズを大きめに選びます。

キッズ

お子さん(Kids)用がある場合もあります。アンダーパンツ(ショーツ)とソックスがセットで売られている場合もあります。


これらはチームやモデルによって異なる場合があります。詳しくは公式サイトやショップなどでご確認願います。

オーセンティック/レプリカ/コンフィットシャツの違いについては下記記事をご参考願います。

初版 2014-11-10 / 最終