サッカーの箱

入門 観戦 応援

なでしこジャパン W杯2011 - グループステージ編

なでしこジャパン

女子日本代表なでしこジャパンの、前回女子ワールドカップ 2011ドイツ大会 グループステージでの様子を振り返ってみます。

スタメンやフォーメーション、得点者、交代、目立った場面です。

初戦:日本 - ニュージーランド

ニュージーランド戦フォーメーション

2-1 (1-1)

ボーフム

永里(6')、宮間(68') / ハーン(12')

大野→岩渕(55')、永里→丸山(76')、安藤→田中(90'+2)

  • 熊谷が前の試合で頭を縫いバンデージを巻いてプレー。
  • 陽射しが強く日本は太陽を背にエンドを取る。
  • 相手は徹底したロングボールでFWに当てるかSB裏に走らせる。
  • 中央で奪った大野が浮かせ→前の永里がGK頭上ループシュートで先制。
  • ロングボールで鮫島の裏奥に蹴られ、そこからのクロスで失点。
  • 岩渕が中央からドリブル突破を試み、ペナルティエリア直前でファウルをもらう。
  • そのFKで宮間が右足で決める。膝を抜いてボールがよく落ちた球筋。
  • 岩渕が中央で受け、ロングシュート打つもバーの上。
  • 終了後全員で円陣。

第2戦:日本 - メキシコ

メキシコ戦フォーメーション

4-0 (3-0)

レバークーゼン

澤(13' 39' 80')、大野(15')

大野→川澄(69')、安藤→岩渕(69')、澤→宇津木(83')

  • 試合前全員で円陣。
  • 左サイド宮間のFKから澤が頭で先制。男女歴代代表通算最高得点記録76。
  • ハーフウェーライン超えた位置から岩清水→永里収め→大野がキレよく2人交わしゴール。
  • 宮間の左CK→ニアで澤が頭で薄く合わせてゴール。定番形。
  • 近賀がペナルティエリアに走りこみマイナスに出す→澤ハットトリック。

第3戦:イングランド - 日本

イングランド戦フォーメーション

2-0 (1-0)

アウグスブルク

ホワイト(15')、ヤンキー(66')

安藤→丸山(56')、阪口→岩渕(75')、大野→川澄(82')

  • ロングボールを熊谷鮫島間に蹴られ、ホワイトのループシュートは海堀を超え失点。
  • ホワイトがオーバーヘッド気味に難しい体勢でシュート、かろうじて海堀が頭上で触りバー。
  • 左へ開いた宮間から中央クロス→澤飛び込み、GKはじいたボールを近賀左足シュートはバーの上。
  • 右へ振られ、マイナスに戻されてクロス、ヤンキーに抜け出され、海堀が出るも失点。
  • 会場全体が日本を応援する手拍子。
  • Thank You for Your Supportの幕の周回に相手選手も混じる。

フォーメーション図はReplaysさんのサイトを使わせていただきました。

初版