サッカーの箱

入門 観戦 応援

屋内と屋外で濃さが変わる調光レンズ

調光レンズ

今回は少し趣を変えてメガネやサングラスの、屋内と屋外で濃さが変わる調光レンズのお話です。

で、いきなりすみません、タイトルの「屋内と屋外で濃さが変わる」はあまり正確ではありません。

調光レンズとは

調光レンズとは紫外線量によって濃さが変化するレンズです。

調光レンズの濃さの変化

紫外線に反応する調光剤を、レンズ表面に浸透させたり、レンズの素材に含ませてあります。

それが結果、タイトルのようにこうなります。

  • 日差しの強い屋外はサングラスのように濃くなり、まぶしさを低減。
  • 紫外線の少ない室内はクリアになり、明るい視界。

ちなみに、水面のギラツキが低減して釣りなどに便利な「偏光レンズ」とは別のものです。このページは全て「調光レンズ」の説明です。

色の変化する時間や度合いは、温度やどちらに変化するかで異なります。これは一例ですが

  • 室内→屋外=クリアから濃いカラーへは数十秒。
  • 屋外→室内=濃いカラーからクリアへは数分。

よって車などの運転は、屋内駐車場やトンネルなどで視力が落ちる可能性があります。車のガラスが紫外線(UV)カットだと濃くなりません。

通常のメガネのレンズでのオプション、普通のサングラス、スポーツタイプのものなどがあります。

遠視や近視、遠近両用累進と組み合わせられる場合もあります。多くは紫外線(UV)カットが標準装備されているようです。

詳しくは、また使用上の注意などは眼鏡店でご確認願います。

スタジアム観戦に

調光レンズの、メガネ/サングラス

もうお気づきでしょうが、スタジアム観戦に便利ではないでしょうか。

夏場はもちろん、日が傾く冬場でも座席によっては西日でまぶしかったりもします。

UVケアを気にされている女性は、紫外線量のある程度の目安になるかもしれません。

すでにメガネやサングラスをお使いの方も、そうでない方も、ご検討してみてはいかがでしょうか。

その他、通常の観戦グッズなどは下記の当サイト関連記事をご覧願います。

初版