サッカーの箱

入門 観戦 応援

ユーロ(EURO:UEFA欧州選手権)とは

ユーロ(EURO:UEFA欧州選手権)とはどういう大会なのか、日程や出場国数などです。またワールドカップとの違いです。

ワールドカップとの違い

ワールドカップ(以下、W杯)はご存知の通り4年に1度開催される世界中の国が参加する大会です。

ユーロも4年に1度開催と国対抗は同じですが、ユーロは欧州の国のみで開催されます。

主催も、W杯はFIFA(国際サッカー連盟)、ユーロはUEFA(欧州サッカー連盟)の違いがあります。

ワールドカップ(W杯) ユーロ(EURO)
対抗 国代表(全世界) 国代表(欧州)
開催 4年に1度 4年に1度
本戦参加 32国 24国
主催 FIFA(国際サッカー連盟) UEFA(欧州サッカー連盟)
期間 約1ヶ月 1ヶ月

ユーロの大会概要

日程と開催地

2016年今大会は6/10~7/10、フランスで開催されます。

出場チーム

UEFA(欧州サッカー連盟)所属チームが予選を行い、本戦は24「国」出場します。今までの16国から24国に増えました。

「国」と書きましたが、サッカーは協会で1チームなので正確には24「チーム」です。イギリスというチームはなく、イギリスには

  • イングランドサッカー協会(FA)
  • スコットランドサッカー協会(SFA)
  • 北アイルランドサッカー協会(IFA)
  • ウェールズサッカー協会(FAW)

の4協会があり、今大会はイングランド/北アイルランド/ウェールズの3チームが出場します。

大会形式

リーグ戦のグループステージで、各グループ上位2国と、3位のうち成績の良い4国が勝ち抜き戦へと2段階で行います。

3位決定戦はありません。

大会の特徴

開催地が欧州

W杯は開催国が欧州以外の場合があります。欧州の選手はアジアの湿気や中東の乾いた猛烈な暑さで思うようなパフォーマンスが出せない場合があります。

その点ユーロは欧州で開催されますのでその心配はありません。

チーム間のレベル差が少ない

W杯のように各大陸代表が出場するが決勝はやはり欧州か南米、といったようなレベル差が少なく、本戦出場国は一定のレベルにあります。

またW杯予選や親善試合などで対戦する場合も多く、相手の特徴/スピード/手の内などもよく把握しています。

よってW杯よりもレベルの高い大会とも言われます。

2016今大会の特徴

新興国

常連と言っていいオランダが予選敗退する一方、アイスランドや北アイルランドなど初出場国が目立ちます。

前述の出場国増加によりレベルが低下するのでは、とも言われています。

それはあるかもしれません。が、いわゆる強豪国でもさえない試合をする時もあります。

それら新興国は予選で強豪国に打ち勝ってきました。また、開幕戦のルーマニアは惜しい場面もありフランスを苦しめました。

普段あまり見られない国を親善ではなく見られると別の意味で期待しています。

グループステージなど大会形式のしくみは下記の当サイト関連記事をご覧願います。

UEFA公式サイト(日本語:外部サイト)

初版