サッカーの箱

入門 観戦 応援

FUJI XEROX SUPER CUP

FUJI XEROX SUPER CUP(フジゼロックス スーパーカップ)とはどんな大会なのかです。

2022年から大会名がFUJIFILM SUPER CUP(フジフィルムスーパーカップ)に変更されました。

大会概要

FUJI XEROX SUPER CUP(フジゼロックス スーパーカップ)は、大会名の通り富士ゼロックス(株)が特別協賛する大会です。

毎年プレシーズン(リーグ開幕前)に行われます。

昨年のJ1リーグ優勝チームと天皇杯優勝チームの2チームのみが出場します。優勝チームが重複した場合、J1リーグ2位のチームが出場します。

ホーム&アウェイはなく、1試合のみの1発勝負です。試合形式は90分で勝敗が決まらない場合は、延長戦なしでPK方式によって勝敗を決めます。

見どころと、この時期

プレシーズンとはいえ、昨年の優勝チーム同士がぶつかる見ごたえある試合が期待されます。

新加入選手や、今期のリーグでのシステム(選手起用やフォーメーション)の方向性が見られたりします。

リーグ開幕より2週間早い試合(2018年で言うと当大会が2/10、リーグ開幕戦が2/24)となるため、オフ明けからの仕上がり具合が大きく左右されます。特に元旦に天皇杯決勝を闘ったクラブはオフが短いことになります。

またクラブによってはACLや代表合宿があったりで、すでにけっこう忙しいのです。

だからこそこの一戦に勝って自信を深め、リーグ開幕に望みたいところでしょう。

ちなみに、ハーフタイムにJリーグマスコット総選挙の最終結果発表があるとのことです。

FUJIFILM SUPER CUPに大会名変更

富士ゼロックス株式会社は、2021年4月1日付けで「富士フイルムビジネスイノベーション株式会社」に社名変更しました。

これに伴い、2022年から大会名が「FUJIFILM SUPER CUP(フジフィルムスーパーカップ)に変更されました。

初版 2018-02-08 / 最終

当サイト関連記事